*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

その他 健康寿命

「もの恐ろしさ」と「凄さ」と「おぞましさ」

投稿日:

「もの恐ろしさ」と「凄さ」と「おぞましさ」

「もの恐ろしさ」

ここ数日、特に新型コロナウイルスについて大きく報道されています。ヒトに日常的に蔓延するコロナウイルスは、4種類といわれていますが、2002~2003年に世界を震撼させたSARS-CoVや、現在新たに武漢に発し、深刻度を増してきている新型コロナウイルスは、動物から感染した重症肺炎ウイルスといわれています。

SARSは、当初ハクビシンが感染源と言われましたが、今ではコウモリが発生源といわれています。今回の発生源は未だ確定できてないようです。

武漢の華南海産物市場は、今年初めに封鎖されたそうですが、海産物市場の名前に反して、動物の加工肉、ニワトリ、豚、ラクダ、キツネ、蛇、ハリネズミ、竹ネズミ、ろばなどといった動物が生きたまま食用として販売されていたようです。写真で見る限り、衛生状況に「もの恐ろしさ」を感じずにはいられません。

「凄さ」

一方、SARSの時、北京に1週間で、4千人の建設労働者と5百台の重機で小湯山医院を建てたのに倣って、今回武漢に、火神山医院を10日で建設する映像が流れてきています。中国政府のここに来ての本気度が伝わってきます。この建設のみならず、軍の医療関係者の導入、武漢市への出入り封鎖等、いったん動き始めた国の動きには、なかなか他の国では真似できないほどの「凄さ」を感じます。

「おぞましさ」

ただ、ここに至るまでの、地方政府による情報の隠蔽工作が中央政府の初動が遅れたとの声もあり、以前、縁あって中央政府、地方政府のどちらにも関わった経験から、個人的には推して知るべしの感を否めません。

皆様の記憶にもまだ生々しく残っているかと思いますが、思い出すのは、2011年7月の浙江省温州での高速鉄道の事故で、高架橋から転落した車両を事故翌日、地中に掘った大きな穴に埋め込んだこと。なんでもありの中国への「唖然」と「おぞましさ」は、今もまだ!

 

他人のことは言えない!! 捨てる、隠す、書き換える、何でもありの国もありますね。今年の「桜を見る会」の招待状を一から作成するのは、税金の無駄遣いですよ。早く出せばいいのに!!

 

手洗い、うがいの励行そしてマスク。もっと大事なのは、旅行者であふれている銀座に出かけないこと。

コロナウイルス(wikipediaより)

Follow me!

2+

-その他, 健康寿命
-, ,

執筆者:

関連記事

和漢薬のちから(その2)

和漢薬のちから(その2) 認知症対策として期待される和漢薬 高齢化が進む中、平均寿命と健康寿命の差を縮めて、元気で長生きしたいと誰もが思うものです。それには身体が元気であることと共に、脳も元気で活動し …

生涯医療費っていくらぐらい?!

生涯医療費っていくらぐらい?! 新年第2弾目のブログは、頭が痛い話題を。 昨日1月14日の日本経済新聞朝刊1面に「高齢医療、膨らむ単価」の見出しで、 「後期高齢者医療制度を導入した2008年度から17 …

天然素材は偉大!!

天然素材は偉大!! シークヮーサーも偉大、テレビの威力も偉大 昨日、テレビ朝日の番組「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、シークヮーサーなどの柑橘類に含まれるフラノボイドの一種である「ノビレチン」 …

フレイル予防(体)

フレイル予防(体) 「フレイル」とは、年をとって体や心のはたらき、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。そのまま放置すると、要介護状態になる可能性があります。大事なことは、早めに気づいて、適切な …

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(6)

血管を若返らせる「食」で意識する3大要素 血管についての良い知らせは、「血管は何歳になっても若返る!!」ということです。   ただ、かなりの数の皆様に都合が悪いお知らせも一つあります。 それ …

PAGE TOP