認知症関連 ジオスゲニン

アデュヘルム(一般名アデュカヌマブ)日本では承認判断を見送り

投稿日:

とりあえず妥当な判断なのか?

皆様もご覧になられたでしょうか。

12月22日厚生労働省は、薬事・食品衛生審議会を開催し、アルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」の承認可否について審議をいたしました。その結果、「有効性を明確に判断することが困難」として承認判断を見送りました。今後行われる臨床試験の結果などの報告を受けて再審査する、いわゆる継続審議の判断をしました。

 

このブログですでにお知らせしていますが、アメリカでもアメリカを代表する2つの医療機関が患者への投与を見送るなど、多方面で逆風が吹いているように思います。開発に日本の製薬大手エーザイが深くかかわっていることもあり、ヨーロッパ的な結論ではなく、今後に含みを持たせる継続審議は、妥当な判断かもしれません。

 

私個人の意見を申しますと、アミロイドβがアルツハイマー病の原因のすべてではないと思っています。脳の神経線維を破壊する過剰にリン酸化しているタウたんぱくの存在、それらによって引き起こされる脳の神経細胞の衰弱も見過ごすわけにはいきません。それらを跳ね除け、神経細胞の再生・軸索の再伸・情報伝達のネットワークを形成していく根本治癒に向かう薬、加えて副作用がない薬が一日も早く開発されていくことを願っています。

このネットニュースに係る読者の反応を読ませていただくと、いかに多くの方々が、このような薬を待ち焦がれているか改めて知らされます。

レジリオ社でも、現在軽度のアルツハイマー病の患者への臨床試験を見守っています。世界のありとあらゆる叡智を集めて、根本治癒を目指す創薬が早期に成し遂げられることを2022年の新年に向けて祈念したいと思います。(naka)

Follow me!

-認知症関連, ジオスゲニン
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

アルツハイマー病に先立つ20年間のバイオマーカーの変化

  中国の研究者グループが20年以上にわたってアルツハイマー病(以下AD)のバイオマーカーを追いました。AD患者と正常者の比較において、どこにどのような順序とタイミングで乖離が現れるかという …

あなどれない血圧

昨年、生活習慣病のほとんど?全部を集約したような病を発症しました。今は血圧に最重点を置いた管理期間を過ごしています。血圧の管理が命の管理のなかできわめて重要だと身をもって感じたことをまずお伝えしておき …

アルツハイマー病新薬として期待 ジオスゲニン

4月3日富山新聞朝刊社会面に 次の記事が東田教授の写真入りで大きく掲載されました。   アルツハイマー ヤマイモ新薬 臨床研究 富山大和漢医薬学研 東田教授ら   ヤマイモに含まれ …

こんなに多いの!? 

こんなに多いの!? 昨日(2021年3月11日)の読売新聞記事に新潟県のニュースが出ていました。 「自宅に帰れなくなった認知症の70歳代女性を保護したとして、新潟県警江南署は新潟市、小学校教諭の女性( …

一発逆転

一発逆転   先日、テレビ朝日で再放送された、「バスサンド」を見ていましたら、田沢湖の景色と共に、美味しそうな生ハムが出ていました。アレッ!と思い、続けて番組をみておりましたら、見慣れたお顔 …

PAGE TOP