*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

認知症関連 ジオスゲニン

アデュヘルム(一般名アデュカヌマブ)日本では承認判断を見送り

投稿日:

とりあえず妥当な判断なのか?

皆様もご覧になられたでしょうか。

12月22日厚生労働省は、薬事・食品衛生審議会を開催し、アルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」の承認可否について審議をいたしました。その結果、「有効性を明確に判断することが困難」として承認判断を見送りました。今後行われる臨床試験の結果などの報告を受けて再審査する、いわゆる継続審議の判断をしました。

 

このブログですでにお知らせしていますが、アメリカでもアメリカを代表する2つの医療機関が患者への投与を見送るなど、多方面で逆風が吹いているように思います。開発に日本の製薬大手エーザイが深くかかわっていることもあり、ヨーロッパ的な結論ではなく、今後に含みを持たせる継続審議は、妥当な判断かもしれません。

 

私個人の意見を申しますと、アミロイドβがアルツハイマー病の原因のすべてではないと思っています。脳の神経線維を破壊する過剰にリン酸化しているタウたんぱくの存在、それらによって引き起こされる脳の神経細胞の衰弱も見過ごすわけにはいきません。それらを跳ね除け、神経細胞の再生・軸索の再伸・情報伝達のネットワークを形成していく根本治癒に向かう薬、加えて副作用がない薬が一日も早く開発されていくことを願っています。

このネットニュースに係る読者の反応を読ませていただくと、いかに多くの方々が、このような薬を待ち焦がれているか改めて知らされます。

レジリオ社でも、現在軽度のアルツハイマー病の患者への臨床試験を見守っています。世界のありとあらゆる叡智を集めて、根本治癒を目指す創薬が早期に成し遂げられることを2022年の新年に向けて祈念したいと思います。(naka)

Follow me!

6+

-認知症関連, ジオスゲニン
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

和漢薬のちから(その4)

和漢薬のちから(その4) ヤマイモの成分ジオスゲニンに注目 富山大学・和漢医薬学総合研究所の研究により、アミロイドベータによって引き起こされる神経回路網の破綻を修復するような成分が生薬から探索され、“ …

ステイホームの楽しみ方・家庭ベランダ菜園

ステイホームの楽しみ方・家庭ベランダ菜園 コロナに負けるな!ちょっといいこと21日目 自宅で楽しく過ごせることのひとつとして、私は生まれて初めてベランダでの 家庭菜園に挑戦! と、言っても種まきから始 …

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」-

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」- 本日発売の10月26日号「週刊東洋経済」の中の、保存版「介護大全」の記事を読みました。 介護に係る、「お金、仕組み、 …

オンラインでコーラス!?番外編その3 

オンラインでコーラス!?番外編その3 コロナに負けるな!ちょっといいこと14日目 リモートでハモってみる。 「うちで踊ろう」 これを竹内一樹さんが混声4部合唱に編曲しました。竹内さんは、オペラや合唱曲 …

いつ飲めばいいですか?

いつ飲めばいいですか? 7月に入りました。沖縄、北海道を除き、梅雨明け待ち遠しい今日この頃です。いかがお過ごしでしょうか?   最近、ピンポイント天気予報というのを耳にしました。自分のいる地 …

PAGE TOP