*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

認知症関連 ジオスゲニン 健康寿命

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(8)

投稿日:

何事にも善い面と悪い面があるのだけど!

コレステロールの基準値は、血糖値、中性脂肪、尿酸値やγ―GTPなどと一緒に、健康診断などで、皆様にはなじみの深い数値だと思います。そして、善玉と悪玉があるのも良くご存知でしょう。おさらいしましょう。

コレステロールの役割

コレステロールは、ヒトの体に存在する脂質の一つで、その働きは、細胞膜、胆汁酸、男性・女性ホルモンや、ビタミンDの原料になる大事なものです。注意すべきは、同じ脂質の仲間の中性脂肪とは異なり、運動や、エネルギーを使うことによって減らすことはできません。

 

善玉と悪玉

動脈硬化に深く関わるコレステロールの主なものとして、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。一言でいうと、LDLコレステロールは肝臓で合成されたコレステロールを全身に運び、HDLコレステロールは、余剰のコレステロールを肝臓に回収する役目を持っています。すなわち、「運搬役」と「回収役」です。

コレステロールの基準値(単位:mg/dl)

血液中のコレステロールの基準値は、困ったことではありますが、健診機関によって結構幅があります。

HDLコレステロール 異常 要注意 基準範囲
34以下 35~39 40以上

 

LDLコレステロール 異常 基準範囲 要注意 異常
59以下 60~119 120~179 180以上

 

これに対して日本人間ドック学会が2014年に公表している基準を、次の表で示します。

HDLコレステロール 異常 要注意 基準範囲 異常
29以下 30~39 40~119 120以上
LDLコレステロール 異常 要注意 基準範囲
男性 72~178
女性(30~44歳) 61~152
女性(45~64歳) 73~183
女性(65~80歳) 84~190

 

これらの基準に加え、適正なバランスが大事だという考え方で「LH比」にも配慮が必要です。

「LH比」はLDLコレステロールをHDLコレステロールで割って算出します。

1.5以下であれば、正常
2.0以上になると動脈硬化が疑われます。

 

LDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールをあげるには?

様々な文献を調べてみましたが、LDL増加の原因で、共通しているのは、

喫煙
アルコールの取り過ぎ
バターやラード等飽和脂肪酸
コレステロールが多い動物性食品
マーガリン
スナック菓子などのトランス脂肪酸が多い食品

そして、加齢、運動不足です。

一方、HDLコレステロールを増やすには、食物繊維が豊富な食品(これは、前にも述べています。)で、

野菜、海藻、キノコ、納豆、豆類、カテキンが入っているお茶、クエン酸(酢)、そして魚、特に青魚ということです。

皆が好きなお肉も油が少ないところ、サーロインよりはランプ、ランプよりはヒレを。動物性たんぱく質は、血管の内幕の結合および動脈壁を強くする効果があり、食生活に欠かせません。

私も最後に少しだけ救われた?!!

 

いよいよというか、やっとというか、次回から要介護の原因のトップ、認知症に入れるかな?何か漏れているような気がする、、、、、、。

Follow me!

3+

-認知症関連, ジオスゲニン, 健康寿命
-, ,

執筆者:

関連記事

コロナ禍も長くなって

  コロナ禍でおうち時間が増えている今、みなさまはどのようにお過ごしですか? おうち時間の増加分を、何をやって過ごしているかのアンケートがございましたが、TOP2は、お掃除と美味しい料理を作 …

天然素材は偉大!!

天然素材は偉大!! シークヮーサーも偉大、テレビの威力も偉大 昨日、テレビ朝日の番組「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、シークヮーサーなどの柑橘類に含まれるフラノボイドの一種である「ノビレチン」 …

認知症の予防

認知症の予防 少しばかり長めの記事になりますが、できれば、最後まで読んでくださいね。 先週開催されていた食品開発展2019に行き普段の何倍の歩数を歩いてきました。出展者のブースを巡り、カプセル製造の進 …

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」-

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」- 本日発売の10月26日号「週刊東洋経済」の中の、保存版「介護大全」の記事を読みました。 介護に係る、「お金、仕組み、 …

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(4)

前回の介護予防チェックリストで4点以上の方はもちろん、先ずは心配がない0~3点の皆様も、要支援、要介護になる原因を知ることは極めて大事です。   下の表をご覧ください。この表から大事なメッセ …

PAGE TOP