認知症関連 ジオスゲニン 健康寿命

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(5)

投稿日:2020年10月22日 更新日:

三つの寿命の延伸=介護期間の短縮=健康寿命の延伸

前回、三つの寿命について触れました。運動器の寿命、血管の寿命、脳神経の寿命が平均寿命の延びに追い付いていないことが、介護期間を長くし、健康寿命を短くする犯人だということができます。

 

それぞれの寿命の特徴を、介護が必要となる原因ともあわせて説明しましょう。

1.運動器の寿命――運動器の障害

「運動器の障害」により要介護になるリスクの高い状態=運動器症候群(ロコモ=ロコモティブシンドローム)といいます。

原因は二つあります。

 

① 運動器自体の疾患

加齢に伴う運動器疾患:変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背変形性脊椎症、関節リウマチによる体力・バランス能力低下。

② 加齢による運動器機能不全

加齢による筋力低下、持久力低下、バランス能力低下等による運動機能低下

 

運動器の寿命を延ばすのに最も大切なのは、継続する力です。皆様の周りには、様々な機会があると思いますが、続けることです。続ける工夫、例えば家族や友人と一緒に楽しみながら続けること。(コロナに注意しながらですよ!)

 

どのような運動をしたらいいかわからない方は、ロコモ体操・ロコトレ(日本整形外科学会)、ロコモ予防体操(順天堂大学)、コグニサイズ(国立長寿医療センター)など参考にしてください。家でもできる運動は沢山あることを発見できます。

 

 

―――個人個人に合ったレベルと運動量を、継続するのみです。―――

 

 

筋力を落とさず、運動機能の低下を遅らせるだけで、要介護になる原因トップ4のうち3つ、

  認知症、
  脳血管疾患、
  骨折・転倒のリスク

 

を間違いなく下げることができます。

 

次回は、血管の若さについてお話をします。血管の寿命をどうやって延ばすかについて、皆様も良くご存じだと思いますが、もう一度、再確認しましょう。

Follow me!

-認知症関連, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

脳にいいことしよう企画第一弾~お手紙編~

2023年いかがお過ごしでしょうか。本年もレジリオブログをよろしくお願いいたします。 ある日の新聞の投書欄にこんな投稿がありました。 投稿者は、年配のご婦人。コロナが急激に拡大し、政府から「ステイホー …

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(11)

認知症予防を促す食べ物 「認知症を予防する食べ物」やっとここにたどりつきました。 既に血管を維持、強くする食べ物を(6)、(7)、(8)で述べていますし、巷には読み切れないくらいの出版物があり、皆様は …

「もの恐ろしさ」と「凄さ」と「おぞましさ」

「もの恐ろしさ」と「凄さ」と「おぞましさ」 「もの恐ろしさ」 ここ数日、特に新型コロナウイルスについて大きく報道されています。ヒトに日常的に蔓延するコロナウイルスは、4種類といわれていますが、2002 …

Stay home の いいところ

Stay home の いいところ コロナに負けるな!ちょっといいこと4日目 物事はこっち側から見たら、つらく悲しいことであっても、反対側から見ると、別の見え方がすることってよくあることです。 Sta …

和漢薬のちから(その4)

和漢薬のちから(その4) ヤマイモの成分ジオスゲニンに注目 富山大学・和漢医薬学総合研究所の研究により、アミロイドベータによって引き起こされる神経回路網の破綻を修復するような成分が生薬から探索され、“ …

PAGE TOP