*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

東田先生の活動 認知症関連 栄養成分 ジオスゲニン 健康寿命

和漢薬のちから(その3)

投稿日:

和漢薬のちから(その3)

認知症対策として期待される和漢薬その2

これらの漢方薬が認知症対策に有効であることが期待されますが、複数の生薬で構成されているためこれら漢方薬において、構成生薬中で特にどの生薬が重要なのか、さらにその生薬の中のどの成分(化合物)が薬効を担っているのか、その成分の脳でのメカニズムはどのようになっているのか、といったことについて、詳細な解析は十分になされていません。

 

アルツハイマー病では、その診断が下る20-30年前から脳内の変性が始まっています。脳内に蓄積するアミロイドベータが引き金になって、神経細胞の回路のつながりが途切れてしまい、神経細胞同士の信号のやり取りが上手くいかなくなる状態が徐々に進行します。脳内の神経細胞は再生能力に乏しく、いったんダメージを受けると元気を取り戻すことが難しい細胞です。それが、認知症の治療を大変難しいものにしているのですが、逆に考えれば、脳内の神経回路網が障害されてからでも、それが修復さえされれば認知機能が回復するわけです。

東田 千尋(とうだ ちひろ) 教授

富山大学和漢医薬学総合研究所神経機能学領域 薬学博士
和漢薬や漢方薬の秘めたる力をテーマに20年以上にわたり、認知症の予防、改善につながる研究を行う。
2017年 発明名称「アルツハイマー病の治療剤を含む、神経細胞の軸索の機能不全が関与する疾患の治療剤」、
発明名称「神経回路網の再構築・賦活剤」で特許取得している。

 

出典 クレールライフ2020年冬・春号 東急不動産株式会社 発行

 

レジリオお客様紹介キャンペーン実施中
お友達をご紹介いただいたら、あなたもお友達もご優待!
レジリオお客様紹介キャンペーンは今月末まで。
お急ぎください!
https://resilio.jp/

Follow me!

7+

-東田先生の活動, 認知症関連, 栄養成分, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(5)

三つの寿命の延伸=介護期間の短縮=健康寿命の延伸 前回、三つの寿命について触れました。運動器の寿命、血管の寿命、脳神経の寿命が平均寿命の延びに追い付いていないことが、介護期間を長くし、健康寿命を短くす …

まず自分を大切に

まず自分を大切に コロナに負けるな!ちょっといいこと22日目 わたしの家の日めくりの今日の言葉   「まず、自分を大切に」 この言葉をきいてどんな風に感じますか?   私は、この言 …

春の楽しみ

今年も、桜まんじゅうをいただきました。 ソメイヨシノより一足早く春を告げる伊豆の河津桜。河津桜まつりは2月28日きれいなうちに終了したと伺いました。昨年は中止を余儀なくされましたから、今年は十分に感染 …

フレイル予防(栄養)その2

フレイル予防(栄養)その2 「フレイル」とは、年をとって体や心のはたらき、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。そのまま放置すると、要介護状態になる可能性があります。大事なことは、早めに気づいて …

認知症ってどんな病気?

認知症ってどんな病気?   日本人の高齢化に伴って、認知症患者数は今後高齢者の5人に1人へと急激に増え、軽度認知機能障害(MCI)も含めると実に高齢者の3人に1人となると予想されます。 注) …

PAGE TOP