認知症関連 サプリメント ジオスゲニン 最新情報

認知症治療薬「レカネマブ」の課題

投稿日:2024年1月23日 更新日:

2024年も皆様の健康寿命を延ばすためのヒントになるようなこと、認知機能にまつわる様々なニュースを書いていきたいと思っています。

 

2023年認知機能関連ニュースとして最もインパクトがあったのは、こちらではないでしょうか。

 

アルツハイマー病治療の新薬「レカネマブ」(商品名レケンビ)が、日本でも2023年12月20日販売開始されました。

アルツハイマー病治療の新薬「レカネマブ」(商品名レケンビ)が、日本でも2023年12月20日販売開始されました。(エーザイと米国バイオジェンが共同開発)

認知症治療薬はこれまでにもありました。従来の薬と「レカネマブ」は何が違うのでしょうか?

 

今まで承認されている認知症治療薬は、

 

  • ドネペジル(商品名アリセプト)、
  • ガランタミン(商品名レミニール)、
  • リバスチグミン(商品名イクセロンバッチ、リバスタッチバッチ)、
  • メマンチン(商品名メマリー)

 

と4種類あります。

 

既存薬は、今機能している神経細胞の機能をできる限り温存することで、認知症の症状を一時的に軽減する効果を期待して作られた薬です。

 

一方、レカネマブは、アルツハイマー病の主な原因とみられているアミロイドβを減らす作用が報告されています。脳内のアミロイドベータを軽減することでアルツハイマー病の進行を抑える効果が期待されているものです。

 

レカネマブに関して大いなる期待をこめてたくさん報道されました。その中でいくつかの大きな課題も指摘されていました。

新薬「レカネマブ」の課題

①治療対象者が限られる

MCI(軽度認知障害)、軽度のアルツハイマー型認知症の患者であり、アミロイドβの蓄積が確認できた人、および脳内に出血性病変がない人、抗凝固薬などの出血傾向の薬を使用していない人に限られます。

②副作用がある

発熱・呼吸困難、アレルギー反応等、軽度から中程度の症状が26.4%、脳浮腫6%、脳内出血等17.3%と報告されています。これに対し症状の悪化抑制は27%です。

③薬も検査も高額である

まず薬自体が高額です。(体重50kgの場合、年間298万円(一回500mg 114,443円x26回)体重が60kgの場合はさらに2割増し)。

さらに検査(事前、投与中)の陽電子放出断層撮影(PET)や脳脊髄液検査(CSF)が必要で、保険適用有無を考慮に入れたとしても経済的負担は軽いとはいえません。また、どの程度の期間投与が必要かなど長期の薬の有効性・安全性等今後検討を要する課題があります。

④実施できる病院が限られる

アミロイドβ蓄積を調べるPET検査対応施設は、60施設(推定)程度しかありません。検査体制が不十分であり、レカネマブを使用して治療ができる病院が限られていると思われること。

この他にもこれから様々な課題が現れてくると思われます。患者としては、この治療の必要性をどこに見出すかを見極めることが大きな課題ですね。

 

弊社では、加齢に伴い低下する認知機能を維持する機能をヤマイモの成分の一つであるジオスゲニンを含有した機能性表示食品として販売している「健脳ジオスゲニンゴールド」に託し、さらに単味生薬エキス製剤を一般用医薬品として開発するガイダンスが2015年に発出されたこともあり、薬効エビデンスと安全性が担保された生薬エキスを、認知機能を回復させるような医薬品として開発できる可能性を、今後も追及してまいります。

 

何はともあれ、お正月でなまった体を動かして、認知機能の衰えを吹っ飛ばしてください。(naka)

Follow me!

-認知症関連, サプリメント, ジオスゲニン, 最新情報
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

認知機能検査(75歳以上の免許更新)

認知機能検査(75歳以上の免許更新における) 以前友人の高齢者運転免許更新の折、認知機能検査について記事を書きました。高齢者運転免許更新における認知機能検査 今年は私自身が認知機能検査の年。9月15日 …

年金受給はいつ開始が適当か?

皆様は、年金制度をどのくらい意識していらっしゃるでしょうか?今年2022年4月の年金制度改正法により大きく変わりました。   その改正の目的として、表向きには 少子高齢化が深刻になり労働人口 …

65歳以上でおさわがせ!!

昨今の新聞には、 65歳以上 2040年認知症584万人  「前段階」含めると3人に1人 65歳以上 「孤独死」年6.8万人  政府データ推計実態把握へ 等など、65歳以上の文字があふれています。 6 …

スーパーフード「カカオニブ」

2024年のバレンタイン 今年もバレンタインの恒例イベントがにぎやかに行われたようです。バレンタインと言えば、チョコレートのプレゼント。贈る相手、贈る目的によってその呼び名も複雑多岐に亘っているようで …

オンラインでセミナー

オンラインでセミナー コロナに負けるな!ちょっといいこと24日目 コロナに負けるな!オンラインシリーズ オンラインでセミナーに参加しました。   先日YouTube大学をご紹介しました。Yo …

PAGE TOP