認知症関連

ただの「ことば」だけど、、、

投稿日:

日本語だけではなく海外の言語においても言葉には「言霊(ことだま)」という魂があると言われています。本来、言葉は様々な祈りを込めて使われていくものだと思います。例えば、幸福になってほしいという祈りが言葉の魂に込められて、幸せのメッセージが他人に伝えられていくのではないかと考えます。

 

突飛な出だしになりました。それというのも、「後期高齢者免許更新」の認知機能検査について一文を書いているときにある疑問がわいてきたのです。

 

「後期高齢者」という言葉はどこから、そしていつから日本に登場したのだろうか。

 

少し調べてみると、2008年厚生労働省が作った「後期高齢者医療制度」からのようだということがわかりました。この制度は、国民だけでなく、日本医師会からも大きくたたかれました。何よりも「後期高齢者」という言葉・表現に対して大きな批判が集まりました。当時の福田総理、舛添厚生労働大臣は、批判に耐えかねたのでしょうか。中身は一切変えずに、「長寿医療制度」と名称のみを変更したのです。それも制度開始日に。通常ではありえないことだと思います。現在ネットで検索してみると、「後期高齢者医療制度」と書いてあるところと「後期高齢者医療制度(長寿医療制度)」と書いてあるところがあるようです。

政治やお役所的には、定義しやすい表現を使いたいという思惑は理解するのですが、自虐的に又は、少しウケ狙いで「後期高齢者」が社会に根付いているように思います。

 

一方、いざ自分が後期高齢者になると、事実はその通りであるにもかかわらず、「あなたはそろそろ近い」と常に重しを感じながら生活することを想像します。気の弱い私は今から滅入りそうです。

 

人は例外なく皆、齢を重ね旅立っていきます。私は、後期高齢者として旅立っていくより、和田秀樹先生の著「80歳の壁」で言われている「幸齢者」と言われながら、そして「幸齢者」と仲間に「幸せ」の言霊を伝えながら旅立っていきたいと願っています。(naka)

Follow me!

-認知症関連
-, ,

執筆者:

関連記事

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」-

是非読んでほしい40ページ! -10月21日発売、「週刊東洋経済10月26日号」- 本日発売の10月26日号「週刊東洋経済」の中の、保存版「介護大全」の記事を読みました。 介護に係る、「お金、仕組み、 …

カカオとチョコレートとポリフェノール(7)

カカオとチョコレートとポリフェノール(7) -カカオポリフェノールとジオスゲニンの合体に向けて- カカオポリフェノールについて(2)  ココアとチョコレートの違いの続き 前回、ココアとチョコレートは、 …

1-(2)bオリーブオイル-2

1-(2)bオリーブオイル-2 オリーブオイルのお話のど真ん中に、新しい年と新しい変異株オミクロンが登場ですが、新型コロナオミクロン株は避けながら、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます …

アルツハイマー病に先立つ20年間のバイオマーカーの変化

  中国の研究者グループが20年以上にわたってアルツハイマー病(以下AD)のバイオマーカーを追いました。AD患者と正常者の比較において、どこにどのような順序とタイミングで乖離が現れるかという …

何が違うのか?

2021年丑年は、コロナがあろうがなかろうがやってまいりました。 新年あけましておめでとうございます。ふつう、この挨拶やら、新年を寿ぎ、、、などと 素直に言えるのに、今年ばかりは、足元や、背後に爆弾を …

PAGE TOP