東田先生の活動 認知症関連 栄養成分 ジオスゲニン 健康寿命

和漢薬のちから(その2)

投稿日:2020年6月28日 更新日:

和漢薬のちから(その2)

認知症対策として期待される和漢薬

高齢化が進む中、平均寿命と健康寿命の差を縮めて、元気で長生きしたいと誰もが思うものです。それには身体が元気であることと共に、脳も元気で活動し続ける必要があります。

 

脳の衰えとして多くの人が直面するのが物忘れです。

 

軽い物忘れの状態から、軽度認知障害、認知症へと進んでしまう場合があります。認知症や認知症予備軍の人数は年々増え続けており、とどまる様子はありません。

 

認知症の多くはアルツハイマー病によるもので、それに対して処方される薬剤はいくつかありますが、いずれも対症療法的な役割にとどまっています。病状が進めば効きにくくなりますし、認知症を治すには至りません。

 

このような現状で、認知症の予防や治療に効果的な方法が見出されることが切望されています。様々な取り組み、研究が進められている中で、実は和漢薬の中にも、アルツハイマー病の症状を改善するような可能性を持つものがいくつか見出されています。

 

漢方薬では、

帰脾湯(きひとう)、
加味帰脾湯(かみきひとう)、
人参養栄湯(にんじんようえいとう)、
八味地黄丸(はちみじおうがん)

について、アルツハイマー病の認知機能が良くなることを示す臨床研究が報告されています。

 

また、抑肝散(よくかんさん)

はアルツハイマー病の周辺症状とよばれる、興奮幻覚徘徊不安などをよくコントロールできることが知られています。

東田 千尋(とうだ ちひろ) 教授

富山大学和漢医薬学総合研究所神経機能学領域 薬学博士
和漢薬や漢方薬の秘めたる力をテーマに20年以上にわたり、認知症の予防、改善につながる研究を行う。

 

出典 クレールライフ2020年冬・春号 東急不動産株式会社 発行

Follow me!

-東田先生の活動, 認知症関連, 栄養成分, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

フレイル予防3つのキーワード(栄養)

フレイル予防3つのキーワード(栄養) 「フレイル」とは、年をとって体や心のはたらき、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。そのまま放置すると、要介護状態になる可能性があります。大事なことは、早め …

届出表示「ジオスゲニンには、健常な中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能を維持する機能があります」について

目次 1.はじめに 2-1.(全文引用)機能性表示最新情報269号/不思議な認知機能クレーム 2840(2022/10/15) 2-2.林田氏の主旨(まとめ) 3.認知機能の衰えとは 4.認知機能検査 …

マスクがある!

マスクがある! コロナに負けるな!ちょっといいこと3日目 お買い物は、3日に1回程度 人との接触を8割減らすために、日々の買い物は回数を減らすこと。買い物に行く時は、大人数で行かない。必要なものを短時 …

カカオとチョコレートとポリフェノール(6)

カカオとチョコレートとポリフェノール(6) -カカオポリフェノールとジオスゲニンの合体に向けて- ひとまず今回でポリフェノールに区切りをつけようと思っていますが、思い通りになる?なにしろポリフェノール …

和漢薬のちから

和漢薬のちから 天然素材の和漢薬は、生理活性物質の宝庫です。東洋医学に用いられる和漢薬の中にも、脳など神経系統に作用するものもあるそうです。 今回から、何回かに分けてジオスゲニン・ゴールド開発者でもあ …

PAGE TOP