*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

東田先生の活動 認知症関連 栄養成分 ジオスゲニン 健康寿命

和漢薬のちから(その2)

投稿日:2020年6月28日 更新日:

和漢薬のちから(その2)

認知症対策として期待される和漢薬

高齢化が進む中、平均寿命と健康寿命の差を縮めて、元気で長生きしたいと誰もが思うものです。それには身体が元気であることと共に、脳も元気で活動し続ける必要があります。

 

脳の衰えとして多くの人が直面するのが物忘れです。

 

軽い物忘れの状態から、軽度認知障害、認知症へと進んでしまう場合があります。認知症や認知症予備軍の人数は年々増え続けており、とどまる様子はありません。

 

認知症の多くはアルツハイマー病によるもので、それに対して処方される薬剤はいくつかありますが、いずれも対症療法的な役割にとどまっています。病状が進めば効きにくくなりますし、認知症を治すには至りません。

 

このような現状で、認知症の予防や治療に効果的な方法が見出されることが切望されています。様々な取り組み、研究が進められている中で、実は和漢薬の中にも、アルツハイマー病の症状を改善するような可能性を持つものがいくつか見出されています。

 

漢方薬では、

帰脾湯(きひとう)、
加味帰脾湯(かみきひとう)、
人参養栄湯(にんじんようえいとう)、
八味地黄丸(はちみじおうがん)

について、アルツハイマー病の認知機能が良くなることを示す臨床研究が報告されています。

 

また、抑肝散(よくかんさん)

はアルツハイマー病の周辺症状とよばれる、興奮幻覚徘徊不安などをよくコントロールできることが知られています。

東田 千尋(とうだ ちひろ) 教授

富山大学和漢医薬学総合研究所神経機能学領域 薬学博士
和漢薬や漢方薬の秘めたる力をテーマに20年以上にわたり、認知症の予防、改善につながる研究を行う。

 

出典 クレールライフ2020年冬・春号 東急不動産株式会社 発行

Follow me!

3+

-東田先生の活動, 認知症関連, 栄養成分, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

こんなに多いの!? 

こんなに多いの!? 昨日(2021年3月11日)の読売新聞記事に新潟県のニュースが出ていました。 「自宅に帰れなくなった認知症の70歳代女性を保護したとして、新潟県警江南署は新潟市、小学校教諭の女性( …

健康寿命とフレイル、そして認知症との関係について(13)

おまけ編(お約束の3つのおまけ) 1.食事で摂れる成分は、極力食事で摂りましょう! 食事で摂れる成分は、極力バランスの良い、皆と仲良く食べるお食事で体内に摂り入れてください。 サプリメントは、基本的に …

オンラインでコンサートその2

オンラインでコンサートその2聴いてみました! コロナに負けるな!ちょっといいこと19日目 前回ご紹介したオンラインコンサート。聴いてみました。   ■久保山菜摘&原嶋唯 ピアノデュオ …

オンラインでコーラス!?その2

オンラインでコーラス!?その2 コロナに負けるな!ちょっといいこと9日目 さて。いよいよ。オンラインレッスン!? いえ。いきなり、レッスンはハードルが高い・・・。 まずは、おしゃべりだけの茶話会からに …

2003年中国(SARS)のこと(MA氏の体験)

私の友人(MA氏)から年末の挨拶としてメールをいただきました。 その中に、MA氏が中国に赴任していた時にはやっていたSARSの経験が書かれておりました。 ブログネタ不足の私としては、すぐさまお借りした …

PAGE TOP