*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

認知症関連 サプリメント ジオスゲニン 健康寿命

アルツハイマー病の予防?!

投稿日:

読者はよくご存じだと思いますが、サプリメントでは、広告だけでなく商品説明などにおいても予防効果については一切触れてはいけないことになっております。(サプリメントはあくまで食品であり、薬ではないからです。)とはいっても、認知機能に係るサプリを扱っているからか、お客様に「これは効くのですか?」とよく聞かれます。そのたびにどう答えたらいいのか、本当に悩みます。(薬ではなくサプリメントなので)「効果があるとも無いとも申し上げることができないのです。」とお答えするしかありません。あとは「だんまり」・・・いや、もう少し何かお伝えできるでしょう?というわけで、いろいろな研究を調べています。

 

少し古いレポート(2013年)で、また、アルツハイマー病の予防が目的ではないのですが、ケンブリッジ大学のモーリーフォックス(Molly Fox)教授の発表した

 

「母乳で育児をすればするほど、アルツハイマー病のリスクが減少する。」

 

という研究結果についてご紹介しましょう。

 

70歳から100歳のイギリス人女性81人を対象にした研究です。(少し対象数が少ないと言えないことはないのですが、関連性が非常に強いことを考えると十分と言えなくもないレ ベルだと思います。)

 

その研究結果として

 

① 母乳育児を行った人の方が、しなかった人よりリスクが低い。

② 授乳期間が長いほどリスクが減少する。

 

アルツハイマー病では、インスリンの抵抗性(インスリンの効き具合が悪いこと)が見られます。一方、妊娠期間中、母体では大幅に悪化していたインスリン抵抗性が、産後母乳育児を行うことでインスリンの機能を回復させているのではないかと考えられています。

 

ということは、女性に限りますが、産後、母乳で赤ちゃんを育てながらゆっくりインスリン抵抗性を回復することが、アルツハイマー病のリスクを下げるということですね。

 

とはいえ、現代社会で、ゆっくりと母乳で育てるというのは、その昔、(モーリーフォックス教授の研究対象の)女性が当たり前のように育児をしていた時代とは大きく様変わりしており、どう考えた方がいいのか、難しい選択です。

 

「これじゃぁ~」という方(男性の方と、これから母乳育児の予定のない方(笑))は、

 

加齢に伴い低下する認知機能を維持する「ジオスゲニン・ゴールド」

 

を是非のみ続けてください。

(naka)

Follow me!

9+

-認知症関連, サプリメント, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

和漢薬のちから(その4)

和漢薬のちから(その4) ヤマイモの成分ジオスゲニンに注目 富山大学・和漢医薬学総合研究所の研究により、アミロイドベータによって引き起こされる神経回路網の破綻を修復するような成分が生薬から探索され、“ …

東京ラーメンショー2019に行って感じたこと

東京ラーメンショー2019に行って感じたこと  駒沢オリンピック公園中央広場 11月連休中の3日に、久しぶりに駒沢オリンピ ック公園中央広場で開催の東京ラーメンショー に孫と一緒に行きました。2幕制で …

カカオとチョコレートとポリフェノール(5)

-カカオポリフェノールとジオスゲニンの合体に向けて- 「ボジョパを楽しんで!!」 なかなかカカオに到達しませんが、その前に、ポリフェノールが多く含まれているワインについて、寄り道いたします。なぜなら、 …

ジオスゲニンには認知機能を維持する機能があります

「ジオスゲニン臨床試験の結果は!?」 生徒 「やっと臨床試験結果の発表ですね!」   東田先生 「はい。お待たせしました。 ヤマイモエキスを3ヶ月間飲むことによって認知機能が向上する結果が示されました …

フレイルって何?

フレイルって何? 最近、「フレイル」という言葉を耳にします。フレイルって何? 何か、高齢者に関連ある・・・?   「フレイル」とは、年をとって体や心のはたらき、社会的なつながりが弱くなった状 …

PAGE TOP