*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

認知症関連 サプリメント 栄養成分 ジオスゲニン 健康寿命

カカオとチョコレートとポリフェノール(2)

投稿日:2019年11月6日 更新日:

カカオとチョコレートとポリフェノール(2)

-カカオポリフェノールとジオスゲニンの合体に向けて-

ブログとして、決して面白く楽しい内容ではありませんが、健康、
健康寿命、サプリメントについてご興味のある方にはぜひ読んでい
ただけたら、少なくとも知識が少しは増えて、サプリメントの選択
に少しはお役に立つかと思います。

 

今回は、5000種以上あるといわれているポリフェノールの中で、
少なくとも名前だけは聞いたことがあるような主要なポリフェノ
ールについて、述べていきましょう。
多分、今回だけでは収まり切れないので、2~3回続くことになり
そう、、、、

 

アントシアニン(Anthocyanin)-目の機能改善

アントシアニンを機能性表示成分として届けられている機能性表
示食品で販売中の数は、10月31日現在で29にもなります。例
外なく関与成分は、ビルベリー(ブルーベリーの野生種)、由来の
アントシアニン(一部他の成分を含有させているものあり)です。

このように、アントシアニンは、ビルベリーをはじめ、ブルーベリ
ー、カシス,ナス、ブドウ、シソなどに多く含まれています。表示
されている機能性としては、これも例外なく、「ピント調節機能サ
ポートと目の疲労感の緩和」の表現が入っています。

 

アントシアニンは語源の通り(ギリシャ語のanthos(花)とcyanos
(青または青紫))青い花、色素、成分を意味する通り、色素は食品
の着色剤として幅広く使われています。皆様に最もわかりやすいの
は、梅干しの赤色は赤シソのアントシアニンの着色効果によるもの
で、また、青いバラ、青い菊等の開発にも一役買っております。
アントシアニンは、アントシアニジンという配糖体と糖が結びつい
た配糖体成分です。別の言い方では、アントシアニジンがアグリコ
[i]として、糖や糖鎖と結びついた配糖体成分です。かえってわかり
にくい説明になりました。

 

健康食品に使用されている植物成分は、基本的に糖や糖鎖を切り
離した形(アグリコン)が使用されており、皆様ご存知の大豆に
含まれているイソフラボンでは、グリコシド型イソフラボンから、
糖を分離したアグリコン型イソフラボンが使用されています。分離
することにより、からだに消化・吸収されやすくなっています。

ジオスゲニン・ゴールドの成分でいえば、ジオシンから、糖分を分
離した成分が、消化・吸収されやすいジオスゲニンです。ただ、厄
介なのは、ジオスゲニンは、通常、胃腸には吸収されますが、脳の
神経には届きません。というか、脳に薬成分をどのように届けるか
ということに、世界中の大学、研究所、創薬企業が未だに必死に研
究している真っ最中です。(日本では、東北大学寺崎哲也ディステ
ィングイッシュト教授また多くの薬物送達学の研究者の皆様によ
って、血液脳関門の研究がなされています。)
ジオスゲニン・ゴールドは、ジオスゲニン成分を脳に届かせる方法
を特許登録しております。

 

少し話がそれましたが、次回は、ルチン、クルクミン、カテキンの
お話を。

 

[i]アグリコン:ファイトケミカルのうち、糖が結合している形のもの
を配糖体といい、配糖体から糖が外れたものをアグリコンといいます。
大事なことは、配糖体が体内に吸収されるためには、一般的に配糖体
からアグリコンに変換されることが重要です。

 

 

Follow me!

5+

-認知症関連, サプリメント, 栄養成分, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

12月になりました

こんにちは。2020年12月も3分の1が過ぎました。1年の締めくくり、いかがお過ごしでしょうか?   東京赤坂も、だいぶ肌寒く感じられるようになりました。朝の澄んだ冷たいピリッとした空気。眠 …

オンラインでコンサート

オンラインでコンサート コロナに負けるな!ちょっといいこと18日目   3月から、演奏会も演劇も公演自粛を余儀なくされている状況が続いています。 公演ができないことで興行収入が得られなくなり …

フレイル予防(体)

フレイル予防(体) 「フレイル」とは、年をとって体や心のはたらき、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。そのまま放置すると、要介護状態になる可能性があります。大事なことは、早めに気づいて、適切な …

こんなに多いの!? 

こんなに多いの!? 昨日(2021年3月11日)の読売新聞記事に新潟県のニュースが出ていました。 「自宅に帰れなくなった認知症の70歳代女性を保護したとして、新潟県警江南署は新潟市、小学校教諭の女性( …

コロナ禍も長くなって

  コロナ禍でおうち時間が増えている今、みなさまはどのようにお過ごしですか? おうち時間の増加分を、何をやって過ごしているかのアンケートがございましたが、TOP2は、お掃除と美味しい料理を作 …

PAGE TOP