*レジリオ・ブログ*

認知機能を維持するサプリ【ジオスゲニン・ゴールド】(機能性表示食品)

認知症関連 サプリメント 栄養成分 ジオスゲニン 健康寿命

カカオとチョコレートとポリフェノール(7)

投稿日:2019年12月5日 更新日:

カカオとチョコレートとポリフェノール(7)

-カカオポリフェノールとジオスゲニンの合体に向けて-

カカオポリフェノールについて(2)

 ココアとチョコレートの違いの続き

前回、ココアとチョコレートは、製造工程の途中まで一緒と申し上げました。今回は、具体的に製造工程を見てみましょう。

ココアとチョコレートの製造工程

  1. 結実したカカオの花は、6ヶ月程度で完熟して、みなさんご存知のカカオポッドが出来上がります。ポッドには、約35個~50個程度のカカオ豆が、果肉である少々プルプルしたカカオパルプに包まれたようにして入っています。それをそのままバナナの葉で包み、1週間程度発酵させます。[i] 発酵したカカオ豆は、天日や熱風で乾燥させます。[i] バナナの葉を使用した発酵方法は、西アフリカ、ベトナムなどで見られますが、中南米の大型農園などでは、階段状に積んだ大きな木箱を使用し、状態を見ながら上から下に移動させる方法が主流。基本的には、産地、規模、慣習等によっていくつかの発酵方法がありますが、工程の中で、特に香りの要素にかかわる重要な工程なので、さらに色々と研究されるものと思われます。
  2. 乾燥されたカカオ豆から悪いものやごみを取り除き、砕いて外皮を取り除きます。その豆をカカオニブといいます。この時点で、目指しているフレーバーを醸し出すためにいくつかの異なったカカオニブを加えブレンドされることが良くあります。
  3. カカオニブをすりつぶすと、含まれているココアバターという脂肪分と相混ざってドロドロしたカカオマスが製造されます。
  4. カカオマスを圧搾するとココアバターとココアのもとになるココアケーキの塊りがとれます。この工程までが、共通の工程で、カカオマスにココアバター、砂糖、乳製品など加えるとチョコレートになり、ココアケーキを細かく砕くとココアパウダーの完成です。ココアパウダーは、砂糖や、粉乳が加えられ独自のココアパウダーが造られます。

現代の科学技術では、本当に簡単にココアとチョコレートが製造されます。私が見てきたわけではないのですが、歴史的には、紀元前から17世紀までは単純にカカオ豆をすりつぶしてできる固めの液体に、香辛料等を加えて飲んでいたそうで、18世紀に入っても、牛乳が加えられはしたものの、ココアバターの油脂分が多いために牛乳にも溶けにくく飲料としてのココアはあまり進歩しないまま、しかしお金持ちに愛されながら19世紀を迎えることになりました。

皆様ご存知のバンホーテン氏が1828年に、カカオマスから油脂を分離して粉末にする発明をいたしました。この発明によって、お湯にも溶けるようになり、「ココア」という商品が出来上がりました。

 

一方、この発明によって、ココアバターを副産物として抽出することになり、このココアバターを使って約20年遅れで、イギリスのフライ氏が固形のチョコレートの製造に成功して、今、われわれが食している原型が出来上がりました。

 

Follow me!

3+

-認知症関連, サプリメント, 栄養成分, ジオスゲニン, 健康寿命
-, , , ,

執筆者:

関連記事

国家的なレベルでの認知症対策を

国家的なレベルでの認知症対策を 昨今のコロナ禍ではっきりしたことは、今回のような感染力の強いパンデミックが発生した時には、日本のような医療先進国と思われていた国でも いとも簡単に医療崩壊・介護崩壊が起 …

2003年中国(SARS)のこと(MA氏の体験)

私の友人(MA氏)から年末の挨拶としてメールをいただきました。 その中に、MA氏が中国に赴任していた時にはやっていたSARSの経験が書かれておりました。 ブログネタ不足の私としては、すぐさまお借りした …

12月になりました

こんにちは。2020年12月も3分の1が過ぎました。1年の締めくくり、いかがお過ごしでしょうか?   東京赤坂も、だいぶ肌寒く感じられるようになりました。朝の澄んだ冷たいピリッとした空気。眠 …

「ジオスゲニン・ゴールド」は、機能性表示食品届出が受理されました

「ジオスゲニン・ゴールド」は、機能性表示食品届出が受理されました ジオスゲニン・ゴールド 新パッケージ(2020年2月以降) 今月、念願がかない機能性表示食品として受理されました! フェイスブックでお …

「気持ちいいライン」自分の軸をもつ

「気持ちいいライン」自分の軸をもつ  コロナに負けるな!ちょっといいこと5日目 コロナの影響で社会が大きく変わっています。その中で、ありかたについて、児童文学作家の角野栄子さんのおっしゃっている記事を …

PAGE TOP